生活習慣病対策マル秘対処法

食物 はベーシック

自分 に病気 があれば、その身体症状 や根拠 や施策 を正しく理解 してください。 疾病 があるかた で完治可能なかた は、正常 体 をリカバリーする ことに専念しましょう。

高血圧、高脂血症、糖尿病、内臓脂肪型肥満、は1つが発生 すると他を合併しやすく、それぞれの病状 は軽度でも、たくさん 合併するほど危険 を高めます。 少しの 程度なら問題ない ですが、肉・魚の焦げた箇所 は避ける のがよいでしょう。発ガンの危険 があります。

生活習慣病 予防 のために食 で配慮 することは、赤身の肉よりも魚を摂取する ということです。 それはさておき 、体重や血圧といった貴方 自身で測定 できるデータをしっかり 日常的に把握しておくことが肝心 です。

疾患 の原因から憶測 される施策 を把握 し、健康度の向上 を目指していくことをお勧め します。 たばこ は肺の疾患 やガン だけ でなく、循環器系の疾患 にもなるというのが実情 ですので、禁煙がよいと思います 。

−病名に関する豆知識−
咽頭がん
咽頭がんとは、喉に発症する悪性腫瘍のことをいいます。原因は、喫煙、アルコール、刺激のある食物などです。


生活環境 の探求

日ごろから 運動 するオポチュニティ は貴方 が作るものですから、生活リズムの現況 を理解 して、スポーツ を生活習慣 の一部としてください。 喫煙 はダメ です。煙草 の煙を吸い込むと、まず最初 に呼吸器に疾病 の危険 を生じますが、それ以外の部分 にも疾病 を発症 するのです。

健康 な細胞を癌化させる原因 として、活性酸素、紫外線、化学物質、ウィルスなど がありますので、なるべく 回避する ようにしてください。 ちょっと の過労やストレスがあるレベル まで蓄積されると身体の中 の免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなったり、癌 にもなりやすくなりますね。

それと、食 が正常 でなくちゃんと してなかったり、または 肥満であると、高血圧症になるリスク がアップ します。 あなた のカラダ が発しているシグナルを尊重 して、自分 の健康にとってベスト な生活環境 を身に着けることをオススメ します。

とくに 30才以上のかた は、最小 でも年に一度は医療機関 で検査 を受けるべきです。


------------------------------------------------------------

うつ病克服プログラム


【荒木式】うつ病克服プログラム〜うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ〜(配送版)

薬も心理療法もやめられた画期的なうつ病克服法を伝授します。

心と体から根本的に治すこの治療法を実践すれば

うつ病の改善


と再発の予防をすることが可能になります。

▼詳しくはこちらから!↓▼



------------------------------------------------------------
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに追加
Google Bookmarksに登録する Google Bookmarks


習慣 と喫煙

フルーツ など の植物性食品には多量の 発がん抑制物質やミネラルが含有されています。ですから できるだけ 食べ物 を大切に しましょう。 体内 のがん の細胞が1gぐらいになると、早期癌 と診断されるそうですので、早め の治療をお奨め します。

また、要は 脳の血管が詰まった病気 が脳卒中 で、その原因は高血圧や高脂血症 、動脈硬化等 です。 圧倒的な ことに、私たち の3分の2が生活習慣病 で亡くなっているのは心配 です。

糖尿病であるかを間違いなく 調べるには、病院 で尿検査や血糖 検査を受けると確かな 判断ができます。 食物 の欧米化のトレンド のなかで、疾病 になりにくい食生活 を吟味 し続けることは苦労する ことですが重要 なのです 。

それはそうと 、ちかごろ では、食生活 や運動習慣の変動 で、生活習慣病 は若年化しています。 このところ は、自宅でカンタン に採血など をして専門機関に送って、癌 など の特定疾患の可能性 を調べる検査キットも人気 ですね 。

−病名に関する豆知識−
膵臓がん
膵臓がんとは、膵臓にできる悪性腫瘍のことをいいます。原因には、喫煙や飲酒が考えられます。自覚症状はあまり出ません。

オススメのページへ

生活習慣病 の自覚症状
生活習慣病 はリスク です
成人病 と老化
生活習慣病 と心疾患
生活習慣病 と脳血管障害
食生活 と疾患 の関係
生活習慣病 とメタボ
疾病 とたばこ

キーワード

肝ガン
胸痛
スポーツマン心臓
抗リン脂質抗体症候群
毛細血管拡張症
アルコール性肝疾患
肺ガン
感染性心内膜炎
© Copyright